ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
・原子炉実験所では、研究用原子炉(KUR)を用いてBNCTを実施しています。
・BNCTは、公的承認を得る前の臨床研究として実施しています。

お知らせ

H27年6月2日 京都大学医学部附属病院放射線治療科 BNCT相談外来が開設(H27年4月)されました。
H27年5月29日 熊取町役場『BNCT相談室』を開設しました。
H27年2月18日 平成26年度第2回BNCT講習会は、3月9日〜11日に実施予定です。
12月16日 平成26年度第1回BNCT講習会は、12月17日〜20日に実施予定です。(終了)
12月16日 研究用原子炉KURは平成26年5月26日(月)より施設定期検査期間となり運転を停止しております。
それに伴い、BNCTも現在休止しております。
H26年12月16日 ホームページをリニューアルいたしました。

BNCTの仕組みと特徴
BNCTの仕組み

@ がん細胞に集積する特性を持ったホウ素薬剤を投与
A 原子炉や加速器から取り出した熱(外)中性子線を患部に照射し、手術することなく、がん細胞を選択性良くかつ効率的に破壊するものである
BNCTの主な特徴
  • 中性子とホウ素の反応を利用しがん細胞を選択的に破壊する
  • 効果は患部の深浅やホウ素薬剤の集積度に影響される
  • 照射は1〜2回、30分〜60分程度
  • 切開や切除を行わないので患者のQOLにも貢献
  • PET検査による治療効果予測が可能
                                        など
BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)実用化推進と拠点形成に向けて資料より引用−


−熊取町役場『BNCT相談窓口』開設のお知らせ−

    ● BNCTが適応かどうか知りたい
    ● BNCTについて詳しく知りたい
  など・・・
    ● 電話相談または熊取町役場来庁による直接相談を行っています。
    ● いずれの相談についても、事前予約が必要となります。


    BNCTに関する専門的な問い合わせなどについて、
          
京都大学原子炉実験所医師がお答えします。

  予約方法: 熊取町役場「BNCT相談室」へお電話下さい。

  TEL:072−468−6286
  ※電話以外による予約不可
  
  相談日時: 原則毎週金曜日 午後1時30分〜(都合により変更・休止あり)
  費用: 無料


              
 詳しくはこちらをご覧下さい。
   

   
各種機関リンク
 熊取町:ホウ素中性子捕捉療法






京都大学医学部附属病院放射線治療科

- BNCT相談外来開設のお知らせ -


   ☆ BNCT適応可否などBNCTに関する相談外来を行っています。

  受診方法等詳しくは、京都大学医学部付属病院へお問い合わせ下さい。


  TEL:代表075−751−3111  放射線治療科075−751−4400
  相談日:毎週金曜日
  受付時間:午前8:15〜午前11:00


  外来担当表はこちらをご覧下さい。