平成29年6月6日に報道関係者向けの研究炉(KUCA及びKUR)見学会を開催しました。

2017年6月9日 更新

京都大学原子炉実験所では、研究炉(KUCA及びKUR)の運転再開が近づいてきたことから、平成29年6月6日(火)午後に報道関係者向けの事前見学会を開催いたしました。

当日は、39名の報道関係者(テレビ局7社、新聞11社)の参加があり、川端 祐司 所長からの冒頭挨拶後、中島 健 副所長(安全管理担当)からスライドにより、
KUCA及びKURの概要説明と試験研究炉の新規制基準への対応状況などについての説明がありました。

その後、5班に分かれて、KUCA及びKURの施設や新規制基準対応の現場の見学が行われ、最後に報道関係者との質疑応答が行われました。

KUCA及びKURとも、現在、原子力規制庁による検査等が行われており、まだ運転再開の日時は確定しておりませんが、運転再開に向け、安全を最優先に引き続き取り組んで参る所存でございます。

press_0606