GPS連動型放射線自動計測システム KURAMA

福島県内や東日本各地で実施されている放射線(空間線量率)測定調査にKURAMAKURAMA-IIが活用されています。

2013.1.22現在

東日本の各自治体が実施するKURAMA-IIを用いた自動車走行サーベイによる空間線量率測定

2013.1更新

文部科学省が日本原子力研究開発機構を通じて機器を貸し出す形で、東日本の各自治体においてKURAMA-IIを用いた自動車走行サーベイによる空間線量率の測定調査が行われました。

KURAMAを用いた茨城県守谷市の自動車走行サーベイによる空間線量率測定

2012.2月下旬

茨城県守谷市において、KURAMAを用いた自動車走行サーベイによる市内道路の空間線量率測定調査が行われました。

市内放射線量走行測定の実施について

文科省による放射性物質の第2次分布状況等調査

2011.12.6~2011.12月下旬

2011年6月に実施された文部科学省による放射線量等分布マップ作成に係る調査に引き続き、放射性物質の分布状況に関する第2次調査が測定地域を拡大して行われています。第1次調査と同様、空間放射線量率の測定のための走行サーベイの手法としてKURAMAが利用されています。

文部科学省による東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の第2 次分布状況等調査の開始について

走行サーベイによる連続的な空間線量率の測定結果(平成23年12月時点)について (2012.3.21)

文科省・放射線モニタリングアクションプランにおける空間線量率調査

2011.7.19~2011.7.29

文部科学省原子力災害対策支援本部による、「ふるさとへの帰還」に向けた緊急時避難準備区域に関する放射線モニタリングアクションプラン において、学校等及び公共施設等を中心とした走行サーベイにKURAMAが利用されています。自動車や手押し車のほか、試験的にバイクによる走行サーベイも行われています。

「ふるさとへの帰還」に向けた緊急時避難準備区域に関する放射線モニタリングアクションプラン

緊急時避難準備区域の解除に向けた放射線モニタリングアクションプランの測定結果

原子力災害対策現地本部および福島県災害対策本部による自動車走行サーベイモニタリング調査

2011.6.29~2011.8.23

原子力災害対策現地本部および福島県災害対策本部が実施している県内各市町村の自動車走行サーベイによるモニタリング調査にKURAMAが利用されています。

自動車走行サーベイモニタリングによる調査結果

福島県災害対策本部による学校及び通学路における放射線低減化対策モデル事業

2011.6.26~2011.7.2

福島県災害対策本部が実施した福島市内の小学校における放射線量低減化モデル事業において、通学路および通学路周辺の線量測定にKURAMAが用いられました。手押し車に搭載したKURAMA装置を利用し、通学路を歩きながら放射線量の測定が行われました。

学校及び通学路における放射線低減化対策モデル事業の結果(概要)

放射線量等分布マップの作成等に係る検討会

走行サーベイシステムKURAMA の概要

放射線量等分布マップの作成等に向けた現在の進捗状況について(その1)
■空間線量率測定の進捗状況

文部科学省による放射線量等分布マップ(線量測定マップ)の作成について

文部科学省/放射線量等分布マップ
(右のパネルから [走行サーベイ] を選択し、[□走行サーベイ(6月4日~6月13日)] のチェック欄をチェックするとKURAMAの測定結果を見ることができます。データの読み込み、表示に時間を要しますのでご注意ください。)

文科省によるマップ作成に向けた空間線量率測定調査

2011.6.4~2011.6.14, 2011.6.2~2011.6.29

環境モニタリング強化計画、及び、原子力被災者への対応に関する当面の取組方針に基づき文部科学省が実施した放射線量等分布マップの作成作業において、空間線量率測定の手段としてKURAMAが活用されました。

第1次調査の9日間で1万6千キロを超える距離の自動車走行サーベイが行われ、短期間で広範囲の空間線量率測定が得られています。

運用試験

2011.5.10~2011.5.23

実証実験により有効かつ妥当な測定結果が得られることが確認されましたので、福島県原子力安全対策課および福島県原子力安全センターの御協力のもと、本格的なKURAMAの運用試験を2週間に渡って実施しました。2台のセダン型レンタカーにKURAMAを搭載し、機器の動作を再確認するとともに、走行経路の選択や指示の方法、集積される多量のデータ処理方法、計測器の配置や土地形状に伴う測定値のばらつきなど、運用方法の詳細な検討を行いました。

得られたデータについては、福島県原子力安全対策課からお知らせとして公表されています。

実証実験

2011.4.24~2011.5.1

福島県内において車載による実証実験を行いました。KURAMAシステムをレンタカーに搭載し、測定・記録・通信の正常動作を確認しています。また、車内における機器の配置など、確実な測定を行うために必要な測定条件等について調べました。この時点で公表されていた他機関の測定結果と概ね一致したデータが得られており、KURAMAの有効性・妥当性が確認されました。