KUR Report 「学術講演会報文集作成要領」

KUR Report学術講演会報文集の原稿作成について

Wordのテンプレートを用いたPDFファイル形式での提出をお願いいたします。原稿は、タイトルの位置、上下左右の余白など、必ず所定の様式にしたがって作成してください。異なる場合は、修正をお願いすることがありますことをご了解ください。作成された原稿は電子メールに添付して提出してくださいますようお願いいたします。 学術講演会のホームページは http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/KOUEN/

KUR Report学術講演会報文集原稿作成要領

  1. ワープロソフト:Word(Word以外の場合はこの様式に準じる) 用紙:A4縦書式:2段組、黒色、横書。
  2. ページ数:ポスター発表は1ページです。トピック講演・新人講演・特別講演は3ページ以内を目安に、プロジェクト発表は5ページ以内を目安としてください。なお、ページ番号は入れないでください。
  3. 報文集は冊子(A4版)で出版するために様式を統一していますので、Wordのテンプレート1ページ用3ページ用を用いたPDFファイル形式での提出をお願いします。報文集原稿はタイトルの位置、上下左右の余白など、必ず書式にしたがってください。作成された原稿は電子メールに添付して提出してください。作成見本、Wordのテンプレートはこちらをダウンロードしてご利用ください。
  4. ページ余白:上端余白:1.9 cm、下端余白:2.2 cm、右余白:2.0 cm、左余白:2.0 cm、2段組み中間スペース:0.63 cm
  5. 文字フォント:日本語フォントはMS明朝、平成明朝、英文はTimes New Roman、文字サイズ:タイトルは12ポイント太字、所属、著者名、本文は10ポイント
  6. 1ページ目は作成見本のように講演タイトルと(所属)著者名を配置し、1行あけて本文を書いてください。(注:研究時点と現所属が異なる場合、支障の無い限り現所属をページ下欄に脚注として記してください。)
    • 登壇者(口頭発表)あるいは説明者(ポスター発表)には名前の前に○印を付けて下さい。
    • 講演タイトルの前に通し番号を入れるため、講演タイトルは、左から2 cm以上あけてセンタリングし、長い題目の場合は2 cmあけて2行にしてください。
  7. 原稿最終ページ(ポスター発表分は1ページ目)最下端に、英文タイトル、英字著者フルネーム、代表著者(1ページ目の著者名の前に○印を付けた著者)メールアドレスを、9ポイントのサイズで記入してください。
  8. 文献引用は通し番号として、[1]、[2]などを本文の適切なところに配置してください。文献の書き方は以下を参照してください。
    • 論文: 著者名、”タイトル”、雑誌名、巻(発行年)最初のページ-最後のページ D. C. Leslie, J. G. Hill and A. Jonsson, “Improvements to the Theory of Resonance Escape in Heterogeneous Fuel”, Nucl. Sci. Eng. 22(1965) 78-86.
    • 単行本 A. M. Weinberg and E. P. Wiegner, “The Physical Theory of Neutron Chain Reactors.” The University of Chicago Press, Chicago, 1958.

    * 脚注番号、記号は(引用文献番号と混乱しない限り)特に問いません。

京都大学原子炉実験所
学術情報本部 学術公開チーム
お問合せは
gaku_kokai*rri.kyoto-u.ac.jp
(*をアットマークに置き換えてください)まで