中性子物質科学研究分野    研究室のサイト

教授 森本 幸生 morimoto*
准教授 茶竹 俊行 chatake*
助教 喜田 昭子 akawagch*
助教 川口 昭夫 kita*

※メールアドレスは * を @rri.kyoto-u.ac.jp に置き換えてください

研究炉中心部において発生する定常的な熱中性子群は、一般的な結晶物質中の原子間隔に近い波長を持ち、散乱された中性子線は干渉性を示す。中性子物質科学研究分野では、この特性を利用して結晶の物性や分子の構造研究を行っている。生体内に存在するタンパク質分子は遺伝子情報の産物としてアミノ酸が重合した一本の鎖を形成し、複雑な立体構造を持つ。この立体構造の構築とタンパク質分子の機能発現には、遺伝子には存在しない情報(水素原子・水分子の存在や水素結合など)の役割が大きい。そこで中性子に対して散乱断面積の大きい水素(または重水素)原子位置座標を正確に決定することにより、構造構築原理、機能発現の相関を明らかにし、薬剤、阻害剤およびこれら複合体に研究対象をひろげ結晶構造と機能解析を行っている。これとともに放射光では判別のつかない原子番号の接近 したタンパク質分子中の活性部位の金属原子の同定、機能解析を行う。結晶構造だけではなく中性子およびX線小角散乱も測定している。これら中性子・X線・放射光の特性と実験装置を発展的に組み合わせ量子ビーム利用の観点から構造研究を進め、全国大学の共同利用研究者に利用 されている。所外においては大型放射光施設Spring-8を利用するとともに、大強度中性子線源利用のためJRR-3Mまた大強度陽子加速器J- PARCの建設に積極的に協力している。

乳酸酸化酵素の2Å分解能構造解析 阻害剤解析による抗がん剤の設計・開発
乳酸酸化酵素の2Å分解能構造解析 阻害剤解析による抗がん剤の設計・開発
ゲスト分子の配位によって無配向の高分子フィルムに引き起こされる自発配向 ヒトヘモグロビンの中性子構造解析
ゲスト分子の配位によって無配向の高分子フィルムに引き起こされる自発配向 ヒトヘモグロビンの中性子構造解析