核物質安全管理工学研究分野    研究室のサイト

教授 宇根崎 博信 unesaki*
助授 高橋 佳之 ytaka*

※メールアドレスは * を @rri.kyoto-u.ac.jp に置き換えてください

ウランやプルトニウム等の核燃料物質(核物質)の管理や最適利用を通じて、将来のエネルギー問題を解決する革新的な核エネルギー利用システムについて考察し、関係する諸課題についてハード面及びソフト面から研究を進めている。

本研究分野での具体的な研究テーマとして、

  1. 優れた核拡散抵抗性及び核燃料資源節約特性を有する次世代原子炉システムの開発に関する研究
  2. 核物質管理及び利用をめぐる国際情勢の調査・分析、原子力エネルギーの役割に注目したエネルギー政策に関する研究
  3. 核燃料輸送・保障措置・核物質防護措置の高度化、効率化に関する研究などを進めている。

また、本研究分野は、協力講座として京都大学大学院エネルギー科学研究科エネルギー社会・環境科学専攻エネルギー政策学分野と関係し、エネルギーの主力の一つである原子力エネルギーに着目し、エネルギー資源としての核物質の役割について、上記研究に加えて、核不拡散、保障措置等をふまえた将来像に関する研究に自然科学、社会科学の両面から取り組んでいる。
これらの研究活動をもとに、実務面への応用にも取り組んでおり、核燃料管理室の運営を通じて、

  1. 実験所における核物質の受払、使用、貯蔵等に関する規制面の指導
  2. 核物質の取扱いに係る教育、訓練
  3. 核物質防護対策、輸送対策を含む核燃料物質の管理
  4. 試験研究用原子炉の高濃縮ウラン燃料の低濃縮化技術開発
  5. 国際査察への協力

など核物質の安全管理に係る幅広い事項に関し、対策、指導を行っている。

高濃縮ウラン(HEU)と低濃縮ウラン(LEU)のガンマ線エネルギースペクトル
高濃縮ウラン(HEU)と低濃縮ウラン(LEU)のガンマ線エネルギースペクトル