核変換システム工学研究分野    研究室のサイト

教授 三澤 毅 misa*
准教授 卞 哲浩 pyeon*
助教 志賀 大史 shiga*
助教 北村 康則(兼) y-kitamura*

※メールアドレスには rri.kyoto-u.ac.jp を追加しご送付ください

この分野では、核エネルギーを利用したより安全で効率的な新しい核変換システムを開発するために、中性子輸送と核変換反応に基づくシステムの核特性に関する原子炉物理の基礎研究、および新しい放射線計測システムの開発とその応用のための研究を行っている。研究は実験所の臨界集合体実験装置(KUCA)、研究用原子炉(KUR)など、中性子発生加速器施設等の施設を用いた実験とその解析が中心であり、主な研究テーマは以下の通りである。

1) 加速器と未臨界原子炉とを組み合わせた加速器駆動システム(ADS)に関する研究
ADSは高レベル放射性廃棄物の核変換処理や強力中性子源として利用できる安全性が高い新しい核変換システムであると考えられており、その開発のための基礎研究として、ADSの核特性、中性子増倍特性、動特性、ADS用中性子ターゲットなどの研究を行っている。
2)トリウム燃料を装荷した原子炉に関する研究
トリウムは高レベル放射性廃棄物が発生しにくいなどの特徴を持ったウランに代わる新しい核燃料として提案されており、このトリウムを用いた原子炉の核特性や燃料の増殖特性に関する基礎研究を行っている。
3) 核燃料施設の臨界安全性及び原子炉の核的安定性・安全性の研究
核燃焼サイクル施設の臨界安全性に関する研究のうち、特に未臨界度(臨界状態からの安全裕度)の測定手法に関する実験研究を行っている。
4) 新しい放射線検出器の開発と隠匿物質等の探査技術等への応用
加速器中性子源と複数の検出器を組み合わせた新しい放射線測定システムの開発研究を行っており、これらの放射線測定システムを用いて、トランクやコンテナ内の隠匿された核物質のような不法物質の探知技術の開発を進めている。


KUCAのA架台に組まれた加速器駆動システム体系中におけるIn反応率分布の測定値と計算値の比較。100 MeV陽子をWターゲットに打ち込むことにより発生した核破砕中性子は上図のボイド領域の左側から体系に入射。