研究炉安全管理工学研究分野 ビーム物理研究室のサイト 中島研究室のサイト

教授 中島 健 nakajima*
准教授 石 禎浩 ishi*
准教授 高橋 俊晴 takahasi*
准教授 山本 俊弘 tyama*
准教授 堀 順一 hori*
助教 上杉 智教 touesugi*
助教 栗山 靖敏 kuriyama*
助教 佐野 忠史 t-sano*

※メールアドレスは * を @rri.kyoto-u.ac.jp に置き換えてください

京大研究炉(KUR)は、一般研究用として設置された全国大学共同利用の研究炉です。多量の中性子を提供し、極めて広い研究分野で利用されています。また、付設の電子線型加速器(LINAC)は研究炉に相補的なパルス状の中性子源です。さらに、世界初の核破砕中性子による加速器駆動システム実験を成功させたFFAG(Fixed Field Alternating Gradient)陽子加速器があります。私たちはこれらの装置を用いて、原子炉物理及び臨界安全に対する実験的・理論的研究を行うとともに、原子力施設の安全性に関する研究に取り組んでいます。

1)原子炉物理、臨界安全に関する研究
KURや臨界集合体装置を使用した原子炉物理や臨界安全に関する実験的研究や、次世代炉に対する理論的研究、また、原子炉物理に関する計算手法の高度化に関する研究を行っています。
2)中性子核反応断面積の測定
次世代原子炉や核変換等において重要なマイナーアクチニドやLLFPに関するデータ(核反応断面積)の測定をLINACやKURを用いて行っています。
3)次世代核燃料に対する非破壊分析技術の開発
パルス中性子源を用いて次世代核燃料中の様々な原子核の定量や燃料中の温度分布を非破壊で行う技術を開発しています。
4)大強度テラヘルツ放射光源の開発とその応用に関する研究
LINACの汎用量子ビーム生成装置としての特徴を生かした光と量子ビームの複合利用及び関連する装置開発を行っています
5)FFAG加速器の開発及びその応用に関する研究
FFAG加速器の開発とその応用について研究を行っています。中でもFFAG加速器における非線形ビーム力学、イオン化ビーム冷却法などの加速器物理工学に関する研究開発を進めています。

京大FFAG陽子加速器
京大FFAG陽子加速器:世界初の核破砕中性子による加速器駆動システム実験に成功した陽子加速器で、入射器(イオンベータ)、ブースター、主リング(いずれもFFAG加速器)の3段構成で陽子ビームを150 MeVまで加速する。