中性子医療高度化研究部門(寄附)

教授 小野 公二 onokoji*

※メールアドレスは * を @rri.kyoto-u.ac.jp に置き換えてください

研究用原子炉からの高エネルギー中性子を、医療に適したエネルギー領域である熱外エネルギー領域まで減速し、その熱外中性子を用いてホウ素中性子捕捉療法の研究を進めてきた。この結果、従来の放射線治療では適応ではないとされた再発がんにもこの治療法は大きな効果を発揮し、QOLの点でも患者さんに希望を与えることのできるものであることが明らかとなってきた。しかしながら、研究用原子炉をいつでも使える医療手段として利用する、あるいは建設することは不可能であり、研究用原子炉は最も利用しやすい中性子源でありながらも普及性の点で限界をもっている。そこで本療法を発展させるために加速器を用いた中性子源開発の取り組みが関係者の努力でスタートした。本寄付研究部門はこの目的で作られた研究組織である。私達は薬剤開発の進展と共に、ホウ素中性子捕捉療法を承認された医療として確立するための研究を推進する。

二人三脚として歩む原子炉と加速器からの中性子場の形成とBPA剤供給体制の確立によるBNCT研究の遅滞なき推進を図る
二人三脚として歩む原子炉と加速器からの中性子場の形成とBPA剤供給体制の確立によるBNCT研究の遅滞なき推進を図る