基礎老化研究部門 (寄附)

 

教授 藤井 紀子 nfujii*
准教授 高田 匠 takumi*

※メールアドレスは * を @rri.kyoto-u.ac.jp に置き換えてください

白内障、加齢黄斑変性症、アルツハイマー病、パーキンソン病、動脈硬化、皮膚硬化等のいわゆるフォールデイング病はその組織に含まれる蛋白質構成アミノ酸のD-体化による蛋白質の異常凝集を共通基盤とする疾患であり、これらの疾病は放射線、紫外線照射、酸化ストレスなどによって進行する。上記疾患は高齢化社会において医療費を圧迫しており、精度の高い疾患発症前の早期発見・診断装置の開発が求められている。本部門ではこのような装置開発を目的としての老化の生化学的基礎研究を推進し、蛋白質異常凝集病発症機序の解明をおこなう。具体的には蛋白質を構成するアミノ酸1残基ごとの化学変化(酸化、脱アミド化、異性化など)をプロテオミクス研究により定量的にとらえ、加齢性疾患の分子マーカーを定め、早期発見・診断装置への適用を展開する。

加齢による蛋白質への影響

D-アミノ酸を分子指標とした老化の基礎研究とその応用:
アミノ酸一分子レベルの翻訳後修飾解析から蛋白質の高次構造までの一斉解析を利用した疾患発症前早期検査装置の開発