平成31年度

一般公開 平成31年4月6日(土曜日)開催

桜公開 平成31年4月7日(日曜日)開催

京都大学複合原子力科学研究所では、平成31年4月6日(土)に一般公開を実施しました。桜は満開で、662名の方々にお越しいただきました。

今回の一般公開では、3ヶ所の施設見学といくつかのイベントを行いました。見学施設は、原子炉棟(研究用原子炉とホットラボラトリ)、イノベーションリサーチラボラトリ(FFAG加速器)、廃棄物処理棟(放射性廃棄物処理設備)です。研究用原子炉とFFAG加速器については見学ツアーを行いました。イノベーションリサーチラボラトリでは、サイクロトロン加速器によるホウ素中性子捕捉療法について、説明パネルを使った紹介も行われました。研究用原子炉は319名、イノベーションリサーチラボラトリは202名の方々が見学されました。
イベントでは、図書棟会議室において、当研究所で開発された、福島第一原子力発電所の事故による広範囲の放射能汚染に対し放射線マッピングを効率的・継続的にできるGPS連動型放射線自動計測システムKURAMAとその改良型であるKURAMA-IIに関する紹介とお茶を飲みながらの質疑・応答が行なわれました。さらに、図書棟ロビーでは、研究用原子炉の模型と施設紹介パネルの展示ならびに、研究所紹介ビデオ( http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/video に公開しています)の上映も行いました。事務棟会議室では、「霧箱実験(放射線の足跡を見る実験)」、「放射線で宝探し(線源探し)」、「発泡スチロールでハンコ作り」の実験教室を開催し、多くの方々にご参加いただきました。

翌日の4月7日(日)に桜公開を開催しました。832名の方々に来所いただきました。

翌日の4月7日(日)に桜公開を開催しました。832名の方々に来所いただきました。
今後ともこのような機会を通じて、地域住民の方々をはじめとした多くの方々に、原子力とそれを支える基礎的な科学への理解の場を提供して、当研究所における研究・教育活動についてご理解とご協力が得られるように努力いたします。

最後に、今回の一般公開・桜公開の開催にあたりご協力いただきました皆様方に感謝の意を表します。

h31.0407_1 h31.0406_2
h31.0406_3 h31.0406_4

一般公開詳細