KURRI-LINACを利用するには(申請手続き・利用手続き)


共同利用申請

 KURRI-LINACは全国共同利用施設ですので、実験所内の他の施設と同様に共同利用研究課題申請が必要です。実験所で実験を行うには、所属機関で放射線業務従事者として登録されていなければなりません。申請時に放射線業務従事者証明書の提出が求められます。なお、ライナックを利用する実験を新たに開始する場合には、申請に先立ち、その実験内容をライナック担当者と事前に打ち合わせしてください。
 共同利用研究として採択されれば旅費の補助を受けることができ、共同研究員宿泊所を利用することができます。
 共同利用申請のための様式、正式な日程などは共同利用掛のホームページを参照してください。

公募要領配布: 毎年9月中旬
公募締切: 毎年11月上旬
下半期(10月〜3月)のみの利用公募締切: 毎年6月上旬

採択通知: 2月上旬
採択通知とともに実験予定計画書が送付されますので、実験希望日など必要事項を記入して共同利用掛に返送します。

マシンタイム決定通知: 3月中旬

保安教育: 初回来所時
毎年度最初の共同利用実験来所時にライナック棟にて安全講習を行います。(ライナック以外に原子炉施設もあわせて利用する場合は、春と秋に行われる定期保安教育を受講する必要があります。)
 

実験前の手続き

実験の2週間前までに共同利用掛に提出する書類

<必須>
放射線発生装置使用記録 ・・・・一週間につき1枚作成 ライナック用word ライナック用pdf 記載例
管理区域立入願(所外の放射線業務従事者用) ・・・・一週間につき1枚作成
放射線業務従事者証明書 ・・・・年度当初の実験時
実験計画
出張計画

<実験内容に応じて>
(核燃料物質)照射試料の誘導放射能の計算書(放射線発生装置等使用記録・安全に関する説明添付資料)
※核燃ではなくても、ライナックでの誘導放射能計算書はこの書式をお使いください。
放射性同位元素持込予定届
放射性同位元素取扱届
密封放射線同位元素の使用の毎日帳簿
非密封放射線同位元素の使用の毎日帳簿
核燃料物質記録
核燃料物質照射試料の誘導放射能の計算書
液体ヘリウム使用申込書

なお、放射性同位元素の使用や製造の実験、ならびに核燃料物質を使用する場合には、事前に所内連絡者と綿密な打ち合わせを行ってください。

上記書類のフォーマットは放射線管理部のホームページにあります。
 

来所時の手続き

守衛所で受付後、共同利用掛で来所の手続きをしてください。名札(常時立入者証)は、実験所に滞在中は常に胸ポケットなどに吊り下げ明示してください。外来者証にはすぐに所内連絡者の氏名と連絡先を記入し、滞在中は常に携行してください。共同研究員宿泊所を予約している場合には、ここで使用料金を支払ってください。
保健物理室でポケット線量計と実験着の貸与を受けてください。ポケット線量計がないと管理区域に出入りできません。
実験終了後、あらかじめ配布されている許可済みの放射線発生装置使用記録に実施内容を記入し、ライナック担当者に提出してください。ポケット線量計、実験着は保健物理室に返却してください。
 

報告書

翌年の5月に共同利用報告書を提出しなければなりません。報告書が未提出の場合、翌々年度以降の課題申請ができません。


前ページへ | トップページに戻る | 次ページへ