KURRI-LINACにおける研究成果


京大原子炉ライナックを用いて行われた研究のうち、様々な形態で発表された研究成果のリストです。 ライナック利用者の申告に基づき集計されています。また共同利用研究課題については、 共同利用報告書が実験所の KURRI Progress Report として 毎年出版されています。


研究成果発表リストPDFファイル:表示のみ)

  2008年度(平成20年度)
  2007年度(平成19年度)
  2006年度(平成18年度)
  2005年度(平成17年度)
  2004年度(平成16年度)
  2003年度(平成15年度)
  2002年度(平成14年度)
  2001年度(平成13年度)


年度別発表件数

年度

学術雑誌

国際会議プロシーディングス

解説記事、レビュー論文

口頭発表

紀要、報告書等

修士論文、博士論文

2008年度
(平成20年度)

1

3

1

32

9

3

2007年度
(平成19年度)

2

6

3

46

13

3

2006年度
(平成18年度)

3

0

0

32

14

4

2005年度
(平成17年度)

13

10

3

36

5

2

2004年度
(平成16年度)

20

6

7

71

5

9

2003年度
(平成15年度)

20

13

3

65

5

2

2002年度
(平成14年度)

13

6

1

40

4

4

2001年度
(平成13年度)

11

3

1

37

3

1


前ページへ | トップページに戻る | 次ページへ