京都大学複合原子力科学研究所

京都大学複合原子力科学研究所では、幅広い年齢層の一般の方々に広く科学に興味を持っていただくため、アトムサイエンスフェアという催しを毎年10月に開催しています。遠方を含むたくさんの方々にお越しいただき、ご好評をいただいています。

アトムサイエンスフェア講演会では、研究成果などの情報を広く発信し理解を深めていただくことを目的に、京都大学複合原子力科学研究所の教職員や外部から招いた講師による講演を行っています。

アトムサイエンスフェア実験教室では、放射線やアトム(原子)に関する実験教室やバラエティ豊かな体験コーナーを通じて、こどもたちが科学の楽しさやおもしろさを実感できるようなイベントを行っています。

いずれも参加費は無料(ただし定員有り)ですので、興味をお持ちの方は是非ご参加ください。



2019年度アトムサイエンスフェア講演会

開催日時:
2019年10月19日(土) 13:30~16:00

場所:
熊取交流センター (煉瓦館)
「コットンホール」


講演題目:

題目講師
全体の講演タイトル:「東京電力福島第一原子力発電所事故の環境への影響について」
講演1
福島を見守る「目」
〜GPS連動型放射線自動計測システムKURAMAについて〜
谷垣実
(京都大学複合原子力科学研究所助教)
講演2
原発事故に由来する放射性セシウムー大気中での変動
五十嵐康人
(京都大学複合原子力科学研究所教授)

詳細はこちらをご覧ください。



2019年度アトムサイエンスフェア実験教室

開催日時:
2019年10月27日(日) 13:00~16:00

場所:京都大学複合原子力科学研究所

申込方法:参加希望の方は事前に以下のホームページよりお申し込みください。
    https://www.rri.kyoto-u.ac.jp/public/asf/2019/class.php
申込期間:
2019年10月15日(火) 12:30
~10月21日(月) 12:00

    (先着順:定員に達した時点で受付終了)


実験内容:

  • 放射線で飛行機雲を作ろう!
  • 未定

その他体験コーナーもあります。

詳細はこちらをご覧ください。