ABOUT US

この研究室(分野)では、原子力施設や放射線利用施設の従事者や周辺住民の方が、放射線による健康への影響を受けることなく、安心して仕事をしたり生活するために必要な「放射線の安全管理」に関する研究を行っています。 具体的には、下記の4つの課題を中心に、工学・農学・環境科学・医学などの多分野の専門家が協力して研究を進めています。  平成23年3月の東京電力福島第一原子力発電所の事故に見られるように、環境中の放射線・放射性物質は私たちの生活と密接に関係しており、事故時はもとより平常時から適切に管理される必要があります。 この研究室では、農業・地域環境との関連から放射線管理に関し、幅広く研究と教育を実施しています。

この研究室は組織的には以下の2つの研究分野を担当しています

  1. 京都大学複合原子力科学研究所 原子力基礎工学研究部門 放射線管理学研究分野
  2. 農学研究科  地域環境科学専攻  放射線管理学分野

NEWS & TOPICS

  • 2020年度農学研究科修士課程学生募集要項の配布が開始されました。
    要項配布の掲示はこちら(2019.6.3)
  • ホームページをリニューアルしました。(2019.4.8)
  • 五十嵐康人教授が新しく着任されました。(2019.1.1)