アクチノイド物性化学研究分野

教授 山村 朝雄 yamamura*rri.kyoto-u.ac.jp
助教 田端 千紘 tabata.chihiro.3z*kyoto-u.ac.jp

※メールアドレスは * を @に置き換えてください

アクチノイドは人類が見出して70年程度の元素が多く、5f内遷移元素として、希土類元素と遷移金属元素の中間的でより複雑な電子的性質が特徴である。本研究室ではアクチノイドを含む錯体、酸化物を含む種々の化合物の物性化学研究を進めている。このアクチノイドの物性化学の研究により、超長半減期の放射性廃棄物を人間が管理可能にする方法の研究や、ガン治療のための核医薬等のために役立てることが期待される

図1アクチノイドのアルファ放射体としての利用、安定化のための物性化学研究