原子力防災システム研究分野   

教授 黒﨑 健 kurosaki.ken.6n*kyoto-u.ac.jp
准教授 上林 宏敏 uebayash*rri.kyoto-u.ac.jp

※メールアドレスは * を @ に置き換えてください

原子力発電所等のエネルギー関連施設や多くの世帯が居住する超高層建物は社会及び生活基盤としての重要性や周辺環境への影響の大きさから、耐震安全性において、より高いグレードが要求されている。これは、近年発生した大地震による被害状況などからも論を俟たない。さらに、兵庫県南部地震を契機に西南日本では大きな地震発生の活動期に入ったとされ、今後も南海トラフ巨大地震の発生前後までこの状態が続くと考えられている。
上述の建物に対する耐震安全性評価の高度化に資するため、主に以下のようなテーマについて研究を行っている。
・建物の損傷度評価とその評価手法の開発
・地震動空間変動と地盤-建物との動的相互作用を考慮した入力地震動評価
・強震動予測とそれに用いる地下構造のモデル化及び探査手法
以上のように、データ取得のためのフィールドワークからその分析、更に物理モデルを用いた数値シミュレーションに至る地震工学分野の幅広い研究を対象としている。

和歌山平野の地下構造モデル

図1 文科省プロジェクトの一環として,構築した和歌山平野の地下構造モデル(中段)と中央構造線断層帯の震源モデルを用いて数値実験により推定した計測震度分布