アトムサイエンスフェア2015について

2015年10月27日 更新

(http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/public/asf/)
平成27年10月17日(土)13:30~16:00、熊取交流センター(煉瓦館)「コットンホール」において、アトムサイエンスフェア講演会を開催しました。講演は、原子炉実験所の木野内忠稔講師による「中性子を利用した植物におけるホウ素の栄養診断法について ~なぜ植物におけるホウ素のふるまいを調べる必要があるのか~」と、東京大学大学院農学生命科学研究科の小林奈通子助教による「放射線が拓く生命の謎」の2つです。41名の方々にご参加いただきました。

asf2015_1
講演会の様子

 

平成27年10月25日(日)13:00~16:00、原子炉実験所において、アトムサイエンスフェア実験教室を開催しました。メインの実験テーマとして「脳がダマされる?トリックアートの世界!」と恒例の「放射線で飛行機雲を作ろう!」を、体験コーナーとして「音を見てみよう!」、「プラコプターを作って飛ばそう!」、「真空の不思議!」、「ルームバンドでアクセ作り!」を行いました。51名の小学生・中学生が参加しました。

asf2015_2
実験教室の様子