京都大学複合原子力科学研究所 放射線生命科学部門
粒子線生物学研究分野

Japanese   English
研究室イメージ図

研究内容について

当研究室では、京都大学複合原子力科学研究所にて実施されている中性子捕捉療法を中心とし、がん治療の発展に寄与する生物学的データの取得と解析を生命科学・医学的見地から行っています。具体的には、1)DNA修復メカニズムに関連する研究、2) 固形腫瘍内の細胞内酸化レベル等の微小環境と腫瘍細胞の感受性との関連を解析し、各がん治療法の有用性を評価する研究、3)局所の腫瘍に対する治療が、遠隔転移にどれほど影響するのかに関する研究、4)新規の中性子捕捉化合物の有効性、有用性に関するスクリーニング研究などで、いずれの研究においても培養細胞を用いるものから実験動物を用いるものまで、段階的な実験を展開しています。

今後の方針として、理工系各分野の研究者を擁する当研究所員構成の特性を生かし、生体構成物質(主にタンパク質)の解析を行っている工学・化学系の研究者との共同研究プロジェクトも視野に入れています。

研究についての詳細は、各研究者のページをご覧ください。

学生・研究員募集

学生と研究員を広く募集しております。当研究室にご興味をお持ちの方は、お気軽にご連絡下さい。

お問い合わせは、「Contact」ページの送信フォーム をご利用ください。