京都大学原子炉実験所

アトムサイエンスフェア講演会2017

京都大学原子炉実験所では、アトムサイエンスフェア講演会を実施いたします。
お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。多数のご来訪をお待ちしています。

リーフレット(PDF)
画像をクリックすると拡大表示します。

日時

2017年10月21日(土曜日)
13:30~16:00

場所

熊取交流センター (煉瓦館)
「コットンホール」

交通アクセス

対象

中学生~一般

講演内容

時間題目・講師
開会挨拶13:30
~13:35
川端祐司
(京都大学原子炉実験所長)
全体の講演タイトル:「放射線・粒子線治療を支える医学物理最前線」
講演113:35
~14:15
「放射線治療・陽子線治療を支える医学物理最前線」
  講師:西尾禎治(東京女子医科大学大学院医学研究科教授)
講演214:15
~14:55
「重粒子線治療を支える医学物理最前線」
  福田茂一(放射線医学総合研究所臨床研究クラスタ放射線品質管理室研究統括)
休憩14:55~15:05
講演315:05
~15:45
「ホウ素中性子捕捉療法を支える医学物理最前線」
  櫻井良憲(京都大学原子炉実験所准教授)
全体質問15:45~15:55
閉会挨拶15:55
~16:00
瀬戸誠
(京都大学原子炉実験所副所長)

定員

定員:180名(先着順)
※申し込み不要です。
  
当日会場へお越しください。

参加費

無料

問い合わせ先

京都大学原子炉実験所総務掛
〒590-0494大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目
TEL:072-451-2300
(受付時間:平日8:30~17:00)

講演会開催履歴

こちらをご覧ください。