第57回 学術講演会

2022年9月9日 更新

 

 京都大学複合原子力科学研究所では、研究所における共同利用・共同研究成果講演、定年退職教員記念講演などから構成される学術講演会を毎年1月下旬頃から2月中旬頃の2日間にわたって実施しております。
新型コロナウイルス感染症の影響が先行き不透明なことを踏まえ、京都大学複合原子力科学研究所での発表とZoomウェビナーを使用したオンライン配信を併用したハイブリッド形式にて開催いたします。
皆様に安心してご参加いただくため、会場内では消毒や換気など感染防止に関する対策を徹底しております。また人と人との間隔を十分に確保するため、参加人数の制限を設けております。
また、一般講演は参加人数の都合上、「Zoom」を使用したオンライン形式にて実施いたします。来年度以降、対面形式で開催する方向で検討しています。
何卒ご理解の上、お申込みください。

        • 日時 :2023年2月14日(火)10:00~17:30、15日(水)10:00~15:10
        • (一般講演:2023年2月14日(火)15:30~17:30)
        • 現地会場:京都大学複合原子力科学研究所事務棟大会議室(依頼講演)
        •      オンラインZoom(一般講演)
    • ※   プログラム編成の都合により開催時間を変更する場合があります。
    • ※   接続情報(講演者): 別途連絡いたします。
    • ※   接続情報(聴講者):下記の学術講演会聴講申し込み時にお知らせいたします。
    • ※   今後の新型コロナウイルスの感染状況により開催形式が変更になる場合があります。


学術講演会一般講演申込み

    • 学術講演会一般講演の申込みは終了しました。多数のお申込みありがとうございました。

    学術講演会聴講申込み

      • 申込開始:2023年1月中旬頃
        定員:会場50名、オンライン500名


     

    報文集原稿について

      • 報文集は平成24年度より、KUR Reportの1つとして発行し、全文電子化によるINISデータベース(IAEAが中心となって運用されている国際原子力情報システム(INIS)による原子力関連文献情報のデータベース)に登録しています。平成27年度からKUR Reportはオンライン・ジャーナルとしてISSNの登録を行い、Webで閲覧できるようになりました。平成30年度、研究所の改名に伴いKUR ReportをKURNS Reportに名称変更しました。京都大学学術情報リポジトリ(KURENAI)に登録するとともに、国会図書館に納めます。また、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)には書誌情報を登録します。つきましては、原稿の提出をもって原稿の出版権、複製権および公衆送信権を京都大学複合原子力科学研究所に譲渡することに同意されたものと見なすことをご了解ください。KURNS Report 学術講演会報文集原稿作成要領については下記リンクをご確認ください。

        報文集原稿提出先

        • E-mail : gaku_kokai (@rri.kyoto-u.ac.jp を追加してください)
        • 提出締切:2022年11月7日(月)必着

    著作権について

    その他注意事項

        • 本講演会で発表した場合、特許法30条「新規性喪失の例外」に基づき、6ヶ月以内に特許出願を行うことができます。 なお、30条の適用を受けた場合、ヨーロッパや中国への特許出願ができなくなるという不利益がありますので発表前に特許出願することをおすすめいたします。

    依頼講演について

    一般講演について

    聴講者の方へ

    京都大学複合原子力科学研究所
    学術情報本部 学術公開チーム

    お問合せは

    gaku_kokai*rri.kyoto-u.ac.jp

    (*をアットマークに置き換えてください)まで