共同利用の流れ

本研究所が所有する装置、設備の利用にあたっては、年1回(9月~10月頃)行っている共同利用研究の公募に申請し採択される必要があります。申請から実施、終了までの流れと手続きは以下のとおりです。

1.共同利用研究公募(公募期間:9月~10月頃)

研究所ホームページへ公募要項を掲載していますので、公募要項参照のうえ共同利用支援システムより申請してください。

2.課題審査(公募締切後~1月頃)

公募締切後、査読審査・技術審査・安全審査のうえ、共同利用研究委員会にて採択の決定を行います。

3.審査結果通知(2月初旬頃)

共同利用支援システムへ掲載した旨お知らせしますので、申請時に登録したユーザーIDにてご確認ください。

4.マシンタイム調整、決定(3月~5月頃)

研究炉を利用した実験については、研究炉運転計画確定後、「実験予定計画書」により利用希望日の調査を実施します。その他の装置については、各装置担当者から連絡を行い、実験実施日を決定します。

5.実験実施手続き(締切日厳守)

マシンタイムが確定しましたら、以下の期日までに所内担当者と打ち合わせのうえ、実施のための必要書類を電子申請システム(KWFS)によりご提出ください。

・研究炉利用の場合:実験週の4週間前の月曜日まで
 ・その他装置利用の場合:実験週の2週間前の月曜日まで

※期限までに必要書類の提出がない場合、実験できませんのでご留意ください。

6.来所・実験実施(共同利用実施期間:4月~3月)

来所には、顔写真付き公的身分証明書が必要です。以下に記す顔写真付き証明書のいずれかを必ずご持参ください。忘れた場合入所できません。

・運転免許証・マイナンバーカード・パスポート・外国人登録証、在留カード(外国籍の方に限る)・学校教育法に定める学校が発行した学生証および職員証・官公庁、独立行政法人、特殊法人および地方独立行政法人が発行した職員証

来所及び退所時は、必ず共同利用掛へお立ち寄りください。

7.共同利用研究報告書(提出期限:4月下旬頃)

共同利用研究終了後(年度終了後)は、共同利用掛からお知らせする指定の期日までに、共同利用支援システムにより英文共同利用研究報告書をご提出ください。本報告書を提出されない場合、以後の共同利用研究申請が申請対象から除外されることがありますので必ずご提出ください。また、提出は特別な事情がある場合を除き、必ず申請者から提出ください。