所長ごあいさつ

「原子炉実験所」から「複合原子力科学研究所」へ

所長

研究所名称の変更について

原子炉実験所は昭和38年に京都大学附置研究所として設立され、京都大学研究用原子炉(KUR)や京都大学臨界集合体実験装置(KUCA)の利用を中心とする全国共同利用研究所として活動してきました。平成22年からは、共同利用・共同研究拠点に認定され、より一層の努力を積み重ねてきたところです。さて、このたび自らの役割及びその特長を見直した結果、よりふさわしくかつ「我々の意図」を明示するものとして、平成30年4月1日より研究所名を「複合原子力科学研究所」に変更することにしました。

なぜ名称変更を行うのか

 研究所設立以来、半世紀以上が経過し、我々の意識や周囲の意見も大きく変化しました。現在、研究所が求められているものは、「原子炉の安全管理は最優先であることは言うまでもないが、それだけでは不十分であり、高度な研究成果の創成が必須」というものです。KUR建設当時は、「原子力」の黎明期であり、研究用原子炉を安全に運転・管理をおこなうことだけで「最先端の活動」でした。しかし現在では「研究用原子炉は中性子源として優れてはいるが、やはり研究用ツールの一つに過ぎず、それを用いてどのような研究成果をどの程度生み出しているかが重要」ということが学術界での共通認識となっています。「原子炉の安全確保」は、現実には最重要かつ最優先課題ではありますが、我々に求められていることは、さらにその先の、それらを用いて行う「高度な研究」です。
原子炉実験所に集まった研究者は、研究用原子炉という研究ツールを使うという共通点がありますが、逆に研究分野を問わないという特徴があります。通常の研究所は、研究分野を研究所名とし、その分野の研究者が集まって研究を発展させます。それに対して、原子炉実験所では、通常の研究所では出会う機会がほとんど無い様な異分野の研究者が日常的に接触するという「他では得がたい機会」があるのです。その結果、今まで無かった新しい分野が、「異分野が出会うことに触発されて生まれてくる」ことが期待できます。そして、このようにして生まれた新しい学問分野のことを我々は「複合原子力科学」と名付け、これこそが我々の「長所」であり、これからも伸ばすべき特長だと考えています。その例としては、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)や加速器駆動システム(ADS)などといった複数の「研究領域」が融合して生まれてきた分野が挙げられます。
これまでの研究所名(原子炉実験所)は「研究ツール」を冠したものでしたが、それを我々が担うべき研究分野名を新たな研究所名(複合原子力科学研究所)にしたいということが、今回の改名の理由です。

我々は何を目指すのか

 京都大学原子炉実験所は、工学・理学・農学・医学など様々な研究分野のコミュニティに対して、原子力を利用した研究を推進する「実験の場」を開発・提供するところから始まり、さらに複数の「研究領域」が融合した「複合原子力科学」を生み出してきました。
我々は、多様化する社会の諸課題解決へ大学独自の学術的視点を一層効果的に活用して、異分野が融合した「複合原子力科学」を加速・推進し、放射線や放射性物質の利用等によって、基礎科学、医学応用、農業、工業分野での産業応用など多岐にわたる研究教育を行い、エネルギーの安定供給、医療技術、食料問題などの多様化する諸課題を解決していくうえでの社会的役割を果たすことを目指します。
また、国内の研究炉の動向等を踏まえると、原子力利用を支える関連コミュニティにとって、本研究所の役割の重要性は増しています。このような環境下において、現在果たしている共同利用・共同研究拠点の機能を維持し、複合原子力科学研究分野を主導・提供する使命を担っていることを改名によって内外に強く明示し、その価値を一層高めていきます。
より具体的には、改名すると共に、研究組織については、“研究フィールド”の融合を加速・促進する研究ユニットを立ち上げる改組を行うことにより、特徴的かつ多様な測定手段(中性子放射化分析、陽電子消滅、中性子・X線構造解析、メスバウアー分光等)を同一サイト内で実施できる環境を生かし、外部研究者の参加も得た分野を融合した“複合原子力科学”を創成する『複合原子力科学創成プラットフォーム』を構築し、今後もコミュニティの研究活動をより強力にリードして行こうと考えています。
今後、さらに、中性子をはじめとする放射線および放射性物質とそれらを利用できる施設を共同利用・共同研究に供するとともに、放射線利用と核エネルギー利用をコアとした基礎的・萌芽的な実験的研究を行い、新しい複合原子力科学研究の展開を行います。すなわち、研究用原子炉による実験及び原子力・放射線の有効利用の研究などといった世界に誇る独創的かつトップレベルの研究の深化と展開を図り、関連研究分野の拠点としての役割を果たして行きたいと考えております。
改名により気持ちを新たにし、所員一同、より一層研究教育の発展に努めて参ります。今後とも、皆様方のご支援・ご鞭撻をお願い致します。

京都大学複合原子力科学研究所長 川端 祐司